« ジョブズのプレゼンに学べ | トップページ | 米国 映画DVD消滅!? ダウンロード販売が急伸 »

映画「ワールドトレードセンター」

今日はひさしぶりに映画館へ行ってきました。
観て来たのが「ワールドトレードセンター」。

2001年、9月11日の米同時多発テロの際に、崩れたワールドトレードセンター(以下WTC)の瓦礫によって生き埋めになった湾岸警察の実在する2名の男とその家族との話に焦点をあてた作品です。
監督は有名なオリバー・ストーン。「プラトーン」や「7月4日に生まれて」、「JFK」といった政治的テーマを描いた作品が特に有名ですよね。

しかし、今回の映画WTCでは、政治的なメッセージなどは全くなく、ただただ二人の警官と家族との絆や救出するまでの人々の助け合いなどを描いている「だけ」の実にシンプルな作品です。
飛行機がビルに突入する衝撃的なシーンも映画では出てこないですし、崩れて行くWTCも大迫力で描いたりせず、テレビで放送しているニュース映像が淡々と流されるだけです。

わたしは良い判断だと思いましたね。派手に政治的なことを描いて感動を誘うような作品だと、まるで対テロ戦争のプロパガンダ映画に過ぎませんから。ある意味オリバー・ストーンらしいと言える作品に仕上がっていると思います。

んで、映画開始30分も経たないうちに涙があふれてきましたよ。
ラストに近づくにつれてまた目頭が熱くなり、エンドクレジット直前の、「この映画を9.11.にて亡くなった人々に捧ぐ」と出て、犠牲になった警官の名前がずらーっと出たあたりでまた涙があふれました。
いやー、ひさしぶりの感動系でしたが、回りから鼻をすする音がいっぱいだったんでこの映画で涙をこらえるのは、かなり拷問ですよw
終わって席を立って出て行く人たちみてるとほとんどみんな黙ってましたからね。ある意味一人で観に来てよかった。人と来てたら何話そうか話題に悩むよw

今の人たちにはむしろ早く映画化して良かったのかもしれませんね。観客はおそらく100%テレビで生中継の9.11.を目撃しているはずですのでわかりやすいテーマだと思います。

うーむ、いい映画でした。

ちなみに、当時のでじたるカルシウムの記事が残ってるんじゃないかと探してみましたが、残念ながらなかったです。
当時はホームページ作って間もない頃だったんで、結構長々とニュースを書いてた記憶があります。

わたしは当日は夜明け近くまでテレビにかじりついてましたね。すごいですよ。ペンタゴンにまで飛行機つっこまれてましたからね。WTCのほうが絵的には成功だと思うけど、ペンタゴンに直撃したほうが米国としては恥なんじゃないでしょうかねぇ。
アフガンの空爆やイラク戦争、阪神タイガースの優勝。あれから色々あったよね。。(最後は関係がw)

まじめなこと書いといてオチとしてはどうかと思うが、ちなみに同じ2001年の11月に、初代iPodが発売されましたw
iPodの歴史って浅いね。

|

« ジョブズのプレゼンに学べ | トップページ | 米国 映画DVD消滅!? ダウンロード販売が急伸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョブズのプレゼンに学べ | トップページ | 米国 映画DVD消滅!? ダウンロード販売が急伸 »