« アマゾン在庫復活の7/20胡麻和えとタニシ | トップページ | Wii »

おサイフケータイ

私は昨年の4月くらいからおサイフケータイの三井住友iDを利用していますが、まぁ1年間に利用したのは数回でした。

しかし、いつも仕事帰りに寄るコンビニがiDに対応したので、平日はほぼ毎日おサイフケータイを利用するようになりました。

iDはポストペイなので、チャージする必要も無いですし、超便利です。

最近はマルチリーダライタも普及し出したので、一台でiDやSuiCa、Edyといった様々な規格に対応できるようになりつつあります。

ただ、、、一つだけおサイフケータイの設計ミスに気付きました。

それは、おサイフケータイは小銭を払う手間を省くために作られたのに、小銭より面倒な過程が一つ追加されたんです。

店員と必ず会話をしなければならないという手間が。

現金だと、店員が「何円です」と言ったとき、無言でサイフから金を出して渡しますよね?
ところが、非接触IC払いだと、いちいち、「Edyでお願いします。」「iDでお願いします」とか、店員と会話しないといけないんです。

差別発言して悪いけど、夜間にバイトしている、まぁぶっちゃけチャラチャラしてるコンビニの店員といちいちこんな一言でも会話したくないんですよね。
しかも、EdyとiDって、語尾がどちらも「ディ」だから、聞き間違えられてうまく決済出来なくて、「いや、EdyじゃなくてiDです。」ってさらに会話しないといけないんですよ。

これ超不便。

レジで商品のJANコード読んで小計が確定されたら、現金だろうが非接触ICがどの種類だろうが、店員にいちいち支払い方法を宣言しなくても済むような設計にして欲しかったです。

マルチリーダも、レジスタのほうでどのICカードかを客から聞いてからボタンを押すことによって、初めて読み取り待ちになる仕様も良く無いですよ。

今後は改善して欲しいです。

・・・
それを考えると、セブンイレブンはナナコ一本に統一してるので、人気の秘訣はそこにあるのかもしれません。
(個々最近のコンビニ利用率No.1はナナコらしい)

|

« アマゾン在庫復活の7/20胡麻和えとタニシ | トップページ | Wii »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマゾン在庫復活の7/20胡麻和えとタニシ | トップページ | Wii »