« ATOK2007 for MacのLeopardパッチようやく来た。しかし… | トップページ | アイマス、今月のDLCはメルヘンメイド »

アップル再生- iPodの挑戦を購入。

ディスカバリーチャンネルで放送されたらしい「アップル再生-iPodの挑戦」というDVDが先日発売されたので、勢いで購入してしまいました。
iPodファン、Appleファンではすでに知っているような歴史内容ばかりでしたが、それでもプロジェクトX的なストーリーは見ていて楽しかったです。
もっとも、書籍「iPodは何を変えたのか?(スティーブン・レヴィ著)」などで私はiPod関連のストーリーは読んだ事もあるので、もっと詳しいとこまで映像化してくれたらなぁ、と思いながら見ていましたw
ジョブズ総帥もあまり出てきませんし、初心者向け?って感じです。
あと、出来れば今年のMWSFまでが収録されてればより面白かったのになぁと思います。要はiPhoneまで、ね。

iPodが7000万台以上売れていると言ってましたが、ちなみに現在では1億台以上売れてます。

iPodの初代開発秘話で、市場調査を進めていくうちに、ソニーが参入していないので市場を独占できる可能性がある、といったシーンがありましたが、やはりソニーが先に市場を開拓していたらiPodはなかったということですね。ソニーは音楽業界もグループ傘下に持ってしまっているのが逆に足をひっぱってしまったといったところでしょうか。

今回のDVDには収録されていませんが、書籍の方で読んだ内容で面白かったエピソードが、各音楽業界のトップとiTunesMusicStoreでの楽曲提供を交渉するにあたり、なかなか首を縦に振ってくれなかったとき、ジョブズは「どうせ数%の市場しか無いMacでやるんだから、実験だと思ってやってみないか?」といったニュアンスのことを言ったそうですが、結果的にiTunesStoreがオープンから1年経たずにWindows版のiTunesも登場したし、なんか騙されている感ありますね。
ただ、音楽業界やアーティストと交渉する力を持っていたのはIT業界では間違いなくジョブズだけだったということは忘れてはなりません。それはソニーですらも無理だったと思います。
デジタルライフスタイルという未来のビジョンをはっきりと描けていた経営者だったからこそ、iPod+iTunesのエコシステムは実現したのです。

アルバムのばら売りを反対するアーティストもいたそうですが、それもジョブズ本人が直接交渉して、アーティストを納得させてますからね。U2なんて反対してたのに今では楽曲提供どころかiPodの広告塔にまでなってますし、ジョブズがいかに交渉上手なのかがよくわかると思います。

最近、レッド・ツェッペリンも参加しましたし、残る大物はビートルズくらいでしょうか?
ビートルズも2008年には実現するであろうという明るい噂話もありますし、iTSにアビー・ロードが並ぶ日も近い事でしょう。

|

« ATOK2007 for MacのLeopardパッチようやく来た。しかし… | トップページ | アイマス、今月のDLCはメルヘンメイド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ATOK2007 for MacのLeopardパッチようやく来た。しかし… | トップページ | アイマス、今月のDLCはメルヘンメイド »