« NiGHTS Wii新作、買いました。 | トップページ | 埋もれているものを見つける。 »

ブラボー!レミーのおいしいレストランを見て

映画ネタが続きますが、先ほどレミーのおいしいレストランを見終わりましたので早速レビュー。

とりあえず、ブラボー!と叫びたくなるほど良い出来でした!!

最後にThe ENDと出たときには感動で手を叩いてしまった。

本当にピクサーアニメに外れ無しですねぇ。

まず、脚本が最高にいい。
エンディング(終わり方というか話のまとめ方ね)もうまい。
そしてカメラワークや演出は相変わらず神がかっている。

様々な角度から見ても、映画としての完成度の高さはさすがとしかいいようがないです。

ディズニーがピクサーをめちゃめちゃ高い額で買収したのもわかりますよね。
このスタジオでアニメを作ってる人たちの才能の高さはすごいです。
Mr.インクレデブルを見るまでは正直ピクサーに興味なかったんですが、ピクサー作品は今後も必ずチェックしないといけない映画であります。

んで、BDなので画質なども書いておきますと、素晴らしいです。3DCGアニメでのBDは初なんですが、まさにうってつけの素材ですね。

特典映像に、いつもの短編ムービーが収録されてました。
たぶん劇場公開時にレミーの前に上映されたと思われます。カーズのときもあったし。
もちろんこの特典もHD&マルティチャンネルにて収録されていて高画質でした。

さて。

ところで私は最初、日本語吹き替えで見たので気付かなかったのですが、この映画のタイトルは「レミーのおいしいレストラン」ではなく、「RATATOUILLE」(ラタトゥーユ)なんですね。
なぜなのかは、本編を見ればわかります。しかもこのタイトルの方が映画を表していると思うんですが、日本のタイトルは作品のテーマを台無しにしていると感じてしまいました。

|

« NiGHTS Wii新作、買いました。 | トップページ | 埋もれているものを見つける。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NiGHTS Wii新作、買いました。 | トップページ | 埋もれているものを見つける。 »