« iPhone3G、パケット料金が2段階制に。 | トップページ | ゆっくりいいなー。 »

オリンパスと松下が超小型一眼カメラのための新規格を発表

オリンパスとパナソニック、「マイクロフォーサーズシステム」規格を発表(impress)

名前からしてフォーサーズ規格の延長にあるのかな?と思われるマイクロフォーサーズシステムにより、デジタル一眼をさらに小型化することが可能とのこと。
さらに一眼レフカメラで動画の撮影も可能にするとか。

うーん、方向性としてはどうなんでしょう。なんとも言えませんが、GR DIGITALとかDP1に注目しているユーザを取り込もうという位置づけなんでしょうか。

キヤノンやニコンユーザだと、むしろフルサイズに憧れると思うので、小型化は嬉しいけど高画質化のほうが嬉しい気もします。
APS-CのKissX2を使い始めて、すっかり写真にハマってきてる私ですが、やはりEOS 5DとかNikon D700のすさまじい高画質な写りを見てしまうと、いつかはフルサイズ!と思ってしまいますね。

このマイクロフォーサーズですが、フルサイズを持っている人のサブ一眼カメラとしてウけるかもしれませんね。逆にそうなると、今売れているAPS-Cサイズの一眼の位置づけが微妙になってきてしまいそうですが。
小型で且つフルサイズ並みの高画質!が理想かもしれませんがそこまで行くにはまだ何年もかかりそうですw

|

« iPhone3G、パケット料金が2段階制に。 | トップページ | ゆっくりいいなー。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事