« おっほいと言われようと全力で紹介する | トップページ | ジーニアスプレイリストすげー楽しいかもしれない! »

4thGen iPod nano debut !!アップルスペシャルイベント'08

去年のiPod nanoは、一つの完成形と言って良いと思っていました。

昨日までは。

すでに圧倒的シェアを誇るiPodですが、全く攻めの手を休めるつもりはなさそうです。

というわけで、日本時間10日午前2時から行われたAppleミュージックスペシャルイベントの動画は先ほどポッドキャストで見終えましたので、発表されたものをざっとご紹介。
まあうちなんかが紹介しなくても定番ニュースサイトで一斉に報道していますので、そちらを見た方が早いと思いますが、恒例なんでうちもやっとくw

Ipod_nano

--
1. iTunes 8

ジーニアスプレイリスト機能、グリッド表示機能など、音楽を楽しむという方向性のみに正当進化を遂げた模様。
まだ私はバージョンアップしていませんので、出来次第、別のエントリーでレビューしたいと思います。

--
2. iPod classic

クラシックなどという名前がついてるので、近い将来消えゆくiPodだとは思いますが、初代iPodから変わらないデザインで、遂に今回80GBモデルが120GBになりました。(ただし160GBモデルは廃止)

容量以外の変更点はなさそうです。

ちなみに、このiPod classicのHDDと、MacBookAirのHDDは部品を共通化していると想像されますので、近々Airのスペックアップも行われるのでは無いかと、私の予想ですw

--
3. iPod nano (4th Gen.)

いまや、iPodシリーズの代表格といっていいでしょう。こちらは毎回デザインが変わって購買欲をそそるシリーズです。
リーク情報とほぼ同じ外観でしたので、外側のデザインに関してはあまり驚きはなかったのですが、やはりiTunes8からの新機能「ジーニアスプレイリスト」が非常に気になります。
また、さらに面白いのはiPhoneやtouchでおなじみのモーションコントロールをnanoでも搭載してきました。
で、本体を傾けるとアルバムのCoverFlow表示になったり、写真を回転したりとお約束の機能があるのはもちろんなんですが、一番気に入ったのがShake Shuffle機能。
なんと、本体をフリフリすると曲がシャッフル再生される。気に入らなければまた振れば良い。
これは素晴らしい!
なんともアナログチックな発想の機能ですよねw

Ipod_nano_2

なんだか、無駄な機能は乗せず、ホントに音楽を楽しむための機能を慎重に増やしていってますね。
このアップルの姿勢は共感が持てます。

どこまでいっても、音楽を楽しむ、という基本コンセプトは重要なのです。

たぶん他のメーカーだと、音楽機能以外をごちゃごちゃと日本のケータイのように乗せていくような進化をさせるでしょう。
でもそんなことしていると本質を失っていくと思います。
iPodがいつまでも音楽ファンを虜にするのは、外観デザインではなく、実はこういう本質的なところを忠実に守っているからだと改めて感じた、そんな発表でした。

Nike + iPodにも当然対応しているようです。これも音楽というキーワードは外せません。

容量は、8GBに加え、なんと待望の16GBモデルが登場!
私はnanoは買うつもりなんですが、たぶん16GBを買います。
8GBは本日から販売開始、16GBは少し遅れるようで、オンラインだと5-7営業日となっています。

画面のGUIも一新されてますので、nanoの進化は一番今回目立つのでは無いかと思います。
最も売れているiPodだと思うので、アップルも力入れているんでしょう。

--
4. イヤホン

別売りみたいですが、iPod用イヤホンに、iPhoneとはまた違った機能が搭載されています。
曲を進めたり戻ったり、音量を上下させたり、一時停止させたりする3つのボタンがついたようです。
さらに、ボイスレコーダー機能が新たに追加され、マイクもイヤホンに搭載されました。

私もジョギング中にiPodを操作したくなった際、ちょっとめんどくさいな、と思っていたことがあるので、これを買って最近サボっているジョギングを復活させたいですね。

--
5. iPod touch (2nd Gen.)

昨年から登場した新しいiPodですが、まぁぶっちゃけiPhoneから電話とカメラとGPSを取り除いたもの、って感じに思ってました。
が、なんとNike + iPodに対応したらしいです。これはiPhoneでは対応しないと思われるので、ついにtouchにも独自機能が搭載です。
ちなみにセンサーをiPodのアダプタ部に接続するのがnanoでのやり方でしたが、今回のtouchではビルトインらしいです!これはちょっと感動した。

あとデザインですが、iPhone3Gみたいな流線形に変わりました。無線LANの電波用の穴もちょっとオシャレになってます。
また、iPhoneにあるのにtouchになかった、音量ボタンとスピーカーが追加されてます。

容量は変わらず、8GB、16GB、32GBみたいですが、価格が1万円以上下がった模様。
詳しくはアップルストアへどうぞw

--
6. iPhone/iPod touch software 2.1

touchよりiPhoneが気になるソフトウェアバージョンアップ2.1ですが、touchは本日から、iPhoneは今週末の金曜から2.1にバージョンアップされるとのことです。
iPhoneは、多くのバグフィックスを含むとのことですので、バグだらけのiPhoneを使っているユーザとしては、かなり期待していますw

--

こんなところでしょうか。
他にも細かい点が抜けているかもしれませんが、インプレスとかITメディアとかでたくさん記事がありますので、そちらを参考にするのが良いかと思います。って結局それかw

ミュージックイベント恒例の〆のライブは、なんとジャック・ジョンソンでした。
毎回すげーゲスト呼ぶよなぁ。。。。

Photo

私も仕事から帰ってきてネットサーフィンしながらよく聞きますが、癒されますねぇ。
生歌でもめっちゃ上手いw

さて。
今回のイベントはこれといってサプライズもなかったですが、iPhoneのせいでiPodはもう限界かな、と思っていたのですが、まだまだiPodも進化するようです。

来年は、このnanoのディスプレイもタッチパネルになったりしてねw
縦長の画面になった時点で、それを予感させてしまう。
そして、touchに64GBや128GBモデルが出来れば、classicはEnd of Lifeとなるでしょう。
少し悲しいですが、仕方がないですね。

そうそう、最後にもう一つ気になったこと。

今回、iPod touchですが、CMを見ていただけたらわかる(クリック)と思いますが、イベント中もフィル・シラー氏がデモを見せるくらい、ゲームに力を入れています。

も、も、もしかして、アップルはゲームにも力を入れようとしている!?

確かに、音楽、映画、ポッドキャスト、TV番組、とあらゆるコンテンツで勝者となっているアップルですが、ゲームには手を出していません。
そのアップルがこんなにもtouchでゲームが出来ることをアピールするなんて、なんか深読みしたくなっちゃいますねw

実は、アップルがゲーム業界に参入するシナリオとして、一つだけ良い方法があります。
が、長くなるのでまた別の機会ということで。。。

以上、アップルスペシャルイベント08のレポートおよび感想でした〜。

今の私は、nanoのカラーを何にするか、それが問題だ。

買ったらまたレビューします。

|

« おっほいと言われようと全力で紹介する | トップページ | ジーニアスプレイリストすげー楽しいかもしれない! »

Apple総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おっほいと言われようと全力で紹介する | トップページ | ジーニアスプレイリストすげー楽しいかもしれない! »