« FinderをCocoa化 | トップページ | ストパンDVD2巻到着。 »

iPhone3G、すでに600万台以上出荷。

アップル、まずは好調な決算を発表--iPhone販売台数が680万を突破(CNET)

iPhone3Gですが、発売して3ヶ月ちょっとで689万2000台も出荷したそうです。
初代と合わせると、なんと1000万台を突破しています。

これで、初代iPhone発表のときに目標としていた、2008年度中に1000万台売るという目標はまだ5ヶ月近く残して達成してしまったようです。

たった1機種の携帯がこれだけ売れるわけですがから、日本の市場をガラパゴスと表現する理由がわかりますね。

日本の携帯電話1機種の販売台数って、確か5万台を超えたら良い方でしたっけ?
まぁ10倍の50万台だとしても689万台なんてとてもじゃないけど売れることないですよね。

今回、iPhoneのおかげで世界の携帯電話事情を少しでも知れて良かったです。
日本には優秀なメーカーがいるのに、世界で売れるものを作っていないことが残念でなりません。

世界で売れば、これだけヒットする製品も作れるってことですよね。

第4四半期の業績発表の中で、iPhoneの出荷台数が発表されたようですが、売上げにどれだけ貢献しているかはよく見えませんね。

そんな中、Mac miniが出荷停止→販売終了?みたいな噂が出てました。

私をMacユーザへと導いたMac miniが無くなるのはちょっと寂しいですが、もう完全にノート型が主流だと思うので、miniは非常に中途半端なカテゴリですね。。。

ただ、Windowsからの乗り換えユーザのために、一般的なデスクトップマシンも用意して欲しいですね。
Mac Proはワークステーション並みですからねぇ。

今日の業績発表の話に戻しますと。
いつも、アメリカ、ヨーロッパ、日本の3つのカテゴリで業績が発表されるので、日本のみ1国の売上げが発表されて、なんだかドキドキしますw
ただ、iPhoneが何台日本で売れたかは不明でした。ちょっと残念。

|

« FinderをCocoa化 | トップページ | ストパンDVD2巻到着。 »

Apple総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FinderをCocoa化 | トップページ | ストパンDVD2巻到着。 »