« そして「娘たま♀」へ | トップページ | この頃からすでに決まっていた人事異動なのか »

レッドクリフpart1

赤壁の戦いから1800年、ジョン・ウーの三国志映画「レッドクリフ」を見てきましたよ。

1

久しぶりに楽しみにしていた映画ですが、期待通り満足の行く出来でした。

三国志なんで、あらすじとかネタバレも何も無い作品なので気軽に感想書けますねw

とりあえず、曹操が北方を支配し、いよいよ南下して劉備と孫権を狙うってとこから映画は始まります。
なので、あの劉備が民とともに逃げる長坂の戦いが序盤のメインとなる戦場です。
劉備の子を超雲が救いだし、単騎で曹操軍の中をかける名シーンなど完全再現ですが、なぜか長坂橋にて張飛が一人で大軍を抑えるシーンが無く、さらに水軍を引き連れて援軍として登場するはずの関羽が最初から戦場にいたり、微妙に違いました。
もっとも、わたしゃ、コーエーの三国志や無双、横山光輝のマンガで育ってるので、本当はどうなんかはっきりは知りませんが。

その後、金城武演じる諸葛亮孔明が呉の孫権と会い、さらに周瑜の元へ。
元水軍の甘興将軍が中村獅童でしたが、これがいわゆる甘寧だと思います。武器も無双で使っているのと似てましたし。
周瑜ということで小喬も出てきました。孫尚香も出てきました。
劉備はなんかストーリーに絡まない脇役って感じ。まぁ仕方ないね。

三国志知ってたらだいたい登場人物がわかるので、非常にわかりやすい映画です。
逆に知らないとわけわかんないくらい登場人物多いだろうね。

いよいよ赤壁の戦いが始まる!といったところでTo Be Continue.で、しかもパート2は来年の4月とかかなり先でガッカリ感はありますw

でも、来年はレッドクリフといい、20世紀少年、エヴァ新劇場版など、楽しみな続編が目白押し。

|

« そして「娘たま♀」へ | トップページ | この頃からすでに決まっていた人事異動なのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして「娘たま♀」へ | トップページ | この頃からすでに決まっていた人事異動なのか »