« いよいよ今夜、Apple参加最後となるMacWorld2009開催! | トップページ | Palm復活か。Web OSとPalmTreを発表。 »

MacWorld2009、Apple基調講演の感想など。

ブログ書く暇がなかったので少々遅れてしまいましたが、先週水曜のMWSF'09の感想です。

発表されたのは以下の通り。

1. iLife'09
2. iWork'09
3. MacBookPro17インチ
4. iTunesStoreのミュージックがDRMフリー&価格改定&3Gネットワーク購入

こんな感じでしょうか。

まだ、フィル・シラーの基調講演(約1時間半)は見終わっていないので詳細は各ニュースサイトを見るとして。
↓ここがまとまっていてわかりやすいです。

Macworld San Francisco 2009 基調講演詳報(impress Watch)

3

さて。
期待はずれという声が多めですが、昨年がMacBook Air、一昨年が初代iPhoneだっただけに、どうしても多くの人がAirやiPhoneクラスの発表を期待してしまっているようです。

さすがにアップルもそこまでのことが毎年出来るわけでは無いですからね。
私は今回の発表内容でも十分じゃないかと思います。

ただ、出来ればMac miniの新型だけはあって欲しかったかな〜ってのはありますけどね。

1. iLife'09

iLife'09でかなり面白かったのが、やっぱり一番のキラーアプリであるiPhotoですかね。(iTunesも元々はiLifeの一部だったのに今では外れているみたいですねw)

4

写真の分類に顔認識やジオタグのGPSを使い、GUIもクールなデザインでまとめてきていて、いかにもアップルのソフトウェアという面白い機能追加があって、これはバージョンアップするに値するすばらしい完成度だと思いました。

↓こんな感じで場所別で整理が出来るって面白い機能ですね〜。
積極的に海外旅行に行きたくなっちゃいそうですねw
ちなみに地図自体はGoogleMapを利用しているようです。
1

iMovieは08のときに少し使ってみましたが、動画編集が病みつきになるんじゃないかというくらい、何も取り扱い説明書を読まずに使えるところがすばらしかったです。
ただ、その分シンプルに作りすぎていて、自分の思ったイメージの編集までは出来ないような単純な機能しかなかったのが不満でした。
その点は、今回発表されたiMovie09である程度機能アップされていると思います。
(すみません、まだ詳細を読んでいないので推測含みます・・)

GarageBand'09は有名アーティストによるレッスン機能が特筆すべき点でしょうか。
アップルの個人向けアプリとしてはなかなか良い発想の機能追加をしていきますね。
こういう、プロ向けアプリとの違いがわかりやすいバージョンアップは好感が持てます。(GarageBandは使ったことがないので適当な感想ですいませんw)

2. iWork'09

iWorkは使っていないのでうちでは感想は省略します(^^;
体験版を使ったときに、表計算の使い勝手がやっぱりExcelのほうがいいな、と思って結局Office for Mac買っちゃいましたので(汗

ただ、1つだけ気になったのが、iwork.comのβ版が発表されたこと。
これは、ウェブ上にiWorkで作成したドキュメントなどを置いておく機能らしいです。
閲覧程度なら、この使い方も便利そうですね。
最終的にはウェブアプリ化されたりして?

3. MacBookPro(MBP) 17インチ

これは大方の予想通り出ましたね。
昨年10月に13インチMB、15インチMBPが一新されたのにこれだけ残ってましたからね。

5

で、面白いのが15インチMBPと中身のスペックとディスプレイサイズが違うだけかと思いきや、バッテリー周りが異なるみたいで、ユーザの交換は不可となっている代わりに、8時間もの長時間稼働をうたっていて、且つ、1000回もの繰り返し充電に耐えられるそうです。
これは、毎日充電しても3年近く持ちますね。
17インチPro使う人だとさすがにそれくらい経ったら新型に買い換えると思いますので、実質古くなったからバッテリを交換する、という用途は非常に少ないのではないでしょうか。
もちろん、予備バッテリを持っていき、出先で交換、という使い方が出来なくなるのは一部の人から不満の声が聞こえてきそうですが、アップルは17インチはそこまでしないでいいだろう、という割り切りを持っているのでしょう。

ちなみに補足ですが、唯一この17インチだけ、アンチグレア液晶もBTO選択可能になってます。
でもなぜかツルテカガラスを外すのに追加料金(¥5,670)がかかる不思議w
ちなみにガラスを外すと黒縁も無くなるようです。

4. iTunesStoreのミュージックがDRMフリー&価格改定&3Gネットワーク購入

iTunesで売られている音楽ですが、全ての楽曲がDRMフリーとなるそうです。
すでに徐々に切り替わっていっているようです。
で、レコード会社とDRMフリーの交渉をした代わりだと思うのですが、価格設定が改訂されていて、人気の新譜は1.29ドル、通常99セント(←今までは全曲この価格)、そして古い曲は69セントになるそうです。(※ただしアルバム単位は据え置き)

これが、日本に来るかというと、おそらくこないでしょう。
なぜなら、日本は始めからレコード会社の意向で150円と200円の複数価格設定でサービスインしているからです。
まさか300円とかいうふざけた設定で来ないか、それだけが不安ですが、この不況下に、値上げなんてしても首を絞めるだけかと思います。

レコード会社がそこまで馬鹿じゃないことを祈るばかりです。

iTMS利用者と着うたフル利用者は、全くかぶらない客層だと思いますので、iTMSを着うたフル並の値段にしても単にiTMS利用者からそっぽ向かれるだけという結果しか得られないと思います。

あと、iPhoneの3Gネットワークを使っても楽曲購入が可能になったらしいです。
私も発表後の朝、電車の中でiPhoneからiTunesMusicStoreにつなげられることを確認したので、これはすごいや!と喜んでいたのもつかの間、その日の午後から使えなくなったそうです。実際試してみましたがもう使えませんでしたorz

どうも、日本ではSBMやレコード会社との交渉が終わっていない模様。
まぁiTMSは着うたフルに相当する(それどころかビットレートが高い)ので、レコード会社が拒否りそうですけどね。
なので、日本では期待しないほうがいいかもしれません。

ラストはいつも通り、有名アーティストによる演奏で幕を下ろしました。

6

トニー・ベネットということで、有終の美を飾るにふさわしかったのはアップルの製品群ではなく、アーティストなのかもしれませんw

春にはジョブズの健康は回復するとのことなので、その頃にはスティーブノートがまた見られることを楽しみに待ちましょう。

|

« いよいよ今夜、Apple参加最後となるMacWorld2009開催! | トップページ | Palm復活か。Web OSとPalmTreを発表。 »

Apple総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ今夜、Apple参加最後となるMacWorld2009開催! | トップページ | Palm復活か。Web OSとPalmTreを発表。 »