« 神奈川の風景-長谷寺の紫陽花(その1) | トップページ | WWDC2009キーノート、Podcastにて配信中。 »

WWDC2009開幕、iPhone3G S を始め怒濤の発表ラッシュ

恒例のWWDC2009初日のアップルによる基調講演が行われました。

発表された内容は、いつにも増して大量です。

1,Macについて

 (1) MacBookシリーズのアップグレード

 (2) Mac OS X 10.6 Snow Leopardの主要機能と発売日の発表

 (3) Safari 4の正式版リリース

2.iPhoneについて

 (4) iPhone OS 3.0 の詳細とリリース日

 (5) iPhone 3G Sの発表

 (6) Mobile Me連携の強化

以上、こんな感じでしょうか。

例年と異なり、マイナーバージョンアップとはいえハードウェアの発表があったことが驚きました。

まず(1)から。

今までのラインアップは、MacBookが13インチ、MacBookProが15と17インチ、という、ディスプレイサイズで分かれていたといってもいいのですが、今回の発表では、MacBookはWhiteのポリカーボネイトモデルのためのブランド名に変更され、アルミニウムユニボディのMacBook13インチは、MacBook Proに昇格されました。
ちなみにただブランドの位置づけが変わっただけの変更ではなく、アルミ13インチは新たにFireWire800が搭載され、ディスプレイの品質が向上されているそうです。ついでにMacシリーズ初となる、SDカードスロットを搭載しているとのこと。これはかなりのバージョンアップですね。
他には、15インチモデルのバッテリが従来の17インチと同じ内蔵型に変更され、持続時間や寿命も17インチモデル準拠となったようです。ただ、ExpressCard/34スロットは15インチモデルからは外され、代わりにSDカードスロットになっています。17インチは従来通り変更無いみたいです。

CPUの若干の変更もあるのですが、一番のトピックは価格改定にあるでしょう。
全般的に安くなっていて、かなり魅力的な価格設定になってます。
特に驚いたのがMacBook Airです。
下位モデルで5万円近く、上位モデルに至っては9万円近く安くなってます。
これは個人的にヤバイです。Air欲しいけど買わない理由が20万円超えているから、でしたからね。
ただ、Airだけ未だにマルチタッチガラストラックパッドになっていないのが、なんとか購入を踏みとどまる理由になりそうで良かったです。ガラストラックパッドになってたら、もう今頃ぽちってましたw

残念ながらBlu-ray搭載は無し。AppleはやはりBlu-rayに興味が無い模様。
iTunesStoreでHD画質の動画配信を一般化したいと目論んでいるようなので、仕方がないかもしれません。

次は(2)について。

今回のSnow Leopardは内部の改善がほとんどで、ユーザが目に付くような新機能はほとんど無いようです。その辺りは気が向いたら別途ブログに書くとして、発売日が9月、価格が29ドルという低価格であることだけここでは触れておきます。

(3)について。

Safari 4が正式リリースされたようで、本日からダウンロード可能になってます。
とりあえず、私はSafari Stand(というプラグイン)が対応するまでは様子見です。

(4)からiPhoneネタですね。

iPhone OS 3.0は6/17リリースとのことで、新型のiPhone 3G Sより先に3.0を楽しめるようです。
楽しみですね!
数々の新機能はここでは割愛します。3月の時点で発表されたことからふえているのはほとんど無いのではないかと思われます。

(5)について。

やはり来ました、iPhone新型です。
外観などは全く変わっていませんが、CPUやメモリは増量されているようです。
また16GB/32GBの2モデルに変わるようです。
デジタルコンパス搭載や3メガピクセルのオートフォーカス機能付きカメラ搭載もリーク情報通り。
ビデオ撮影や、編集も可能とのこと。マクロ撮影も出来るようになっているみたいです。

また、8GBモデルのみ、現行のiPhone 3Gとして併売されるようですが、こちらは低価格iPhoneとしてさらに売れそうですね。

あとは私が新型に買い替えるかどうかですが、正直悩み中。
月々割がなくなり、正規の値段を残った期間毎月払い続けないといけないのがちょっと引っかかります。
が、処理速度がアップするというのは魅力的です。
ただ、バッテリ性能はほとんど変わっていないようなのが残念です。
iPhone唯一の不満はバッテリですからね〜。

(6)はMobile Meユーザじゃないと嬉しくないんですが、iPhoneからiDiskにアクセス可能になったり、iPhoneを紛失したときにGPSで位置を把握したり、遠隔操作でiPhoneのデータ抹消させたり出来るらしいです。

以上かな。

なんだかニュースサイト読んだ方が早いじゃん、って内容を羅列した長文になってしまいましたが、ひさしぶりに興奮した基調講演の内容なんで、ついつい熱くなってしまいました。

情報量が多いため、まだ何か抜けがあるかもしれませんがあしからず。

|

« 神奈川の風景-長谷寺の紫陽花(その1) | トップページ | WWDC2009キーノート、Podcastにて配信中。 »

Apple総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川の風景-長谷寺の紫陽花(その1) | トップページ | WWDC2009キーノート、Podcastにて配信中。 »