« ともだち、おしまい | トップページ | やっぱりやるヤツがいた »

最終回感想

4月および7月開始アニメの最終回ラッシュなんですが、一応最後まで続けて見れた数少ない作品の感想でも。

・東京マグニチュード8.0
20090923_104909
阪神大震災経験者としては、ちょっと突っ込みどころもある設定もありましたが、おおむね満足の行く結果でした。
ネタバレ無しで感想を書いておくと、震災を抜きにすれば普通に人間ドラマとして感動して泣ける最終回だったかと思います。
作品の方向性が震災とはあまり関係無いので、あんまり震災を考える番組ではなくなりましたけどねw
始まった時の期待とは違う展開でしたが、まぁOKかと思います。

・シャングリ・ラ
20090923_105059
特別面白さというのがわからない作品だったんですが、なぜか最後まで見れました。
ちょっと変わった世界設定とか登場人物が良かったのかもしれません。
最終回も無難な終わり方で、概ね問題無かったかと思います。
強いテーマ性などは抑えられてましたし、逆に破綻無く普通にまとまったと思います。

・プリンセス・ラバー
20090923_105219
なぜか最後まで観てしまいましたが、最後の数話は流してただけで見てないかも。
最後まで観ておきながらアレなんですが、後半はつまらなかったです。
DVDで色々解禁されるみたいなんで結局はエロだけ目的なのかな。
でじカルの感想としては見なくてOKレベルの作品でした。

--
以上です。
あとは咲-Saki-と化物語あたりも録画が溜まっているものの見続けてますのでそれくらいかな。

正直、今年に入ってからは昨年のtrue tears、ウィッチーズ、喰霊みたいにハマった作品は無しですねぇ。

秋はDTBの2期やレールガンなど少し期待している作品もあるのですが、BD&DVDに突撃出来るものがあるかどうかは謎です。
ていうか、最近はどうもBD買うお金も勿体なく感じて来たので厳選したいという気持ちが強いです。
不況ですからねぇ。お金は節約したくなります。
宇宙かけBDとか後悔してます・・・。

|

« ともだち、おしまい | トップページ | やっぱりやるヤツがいた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ともだち、おしまい | トップページ | やっぱりやるヤツがいた »