« アマゾンから続々到着。 | トップページ | とある科学の超電磁砲、BD第1巻到着。 »

アップルタブレット、その名も「iPad」

20100128_215416

米国27日午前10時から行われたアップルスペシャルイベントですが、噂のアップル製タブレットが発表されました。
名前に関する噂も色々ありましたが、結局はiPadに。iPodとスペルが1文字しか違わないのでちょっと紛らわしいですね。

さて。
どんなタブレット機かというと、単純に巨大なiPhoneといったところでしょうか。

正直、1時間早起きしてウェブをチェックした段階では、なんだこりゃ・・・と期待が高すぎたせいもあり、拍子抜けしました。

ただ、新たに実装される電子書籍アプリであるiBooksの操作を動画で見るとなかなかクールだ、と思えてきましたし、写真だけでは全く判断出来ないというのが現状の感想です。

アップルというブランド力と、マルチタッチの使い心地の良さから、間違いなく他社のスレートPCよりは売れると思いますが、爆発的に売れる製品でも無いのかなぁと思います。

iPhoneを初めて見たときのような驚きは味わえずです。

私はやはり電子書籍に注目したいのですが、USサイトには記載されているiBooksが日本サイトでは削除されているあたり、雲行きが怪しいです。
またコンテンツの関係で日本放置とかっていうのは勘弁して欲しいですね。

もっとも、出版業界は売り上げがどんどん落ちていってる今日この頃なので、逆に業界はアップルにぜひやらせてくれ、と持ちかけるべきではないかと思います。

まだキーノートを半分も見れてないので、とりあえずファーストインプレッションはこんな感じです。

まぁ、とにかく早く触らせてくれ!といったところか。
MacBookAirも発表直後はこんなん要らんとか文句ばっか言ってたのに、実機を触ったらめちゃくちゃ欲しくなって結局買ってるわけですからね。
最近のアップル製品は見た目だけでの判断は出来ない訳です。

以下、嬉しそうなジョブズ総帥。

20100128_215553

--

あと余談ですが、iPad用ラブプラスとか発売したらハードごとバカ売れするんじゃないかな?w
あなたの彼女にマルチタッチ!みたいなノリでコナミさんぜひ。
アイテム課金の実装もAppStoreではすでにその仕組みが用意されているので、マニアから搾取しまくりのアプリにすることだって可能ですしねw

|

« アマゾンから続々到着。 | トップページ | とある科学の超電磁砲、BD第1巻到着。 »

Apple総合」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマゾンから続々到着。 | トップページ | とある科学の超電磁砲、BD第1巻到着。 »