Google Android携帯第一弾が遂に登場。

ジョブズの予想よりも早くiPhone並みの携帯電話が出てきそうですね。

というわけで、GoogleのAndroidベースのT-Mobile G1が出たようで、早速動画での操作感がありましたのでうちも貼っておきます。

ウェブブラウザの快適さはまだまだiPhoneの方が上ですが、その辺は作り込みの世界だと思うし、元々Mac OS Xで使用しているCore Animation技術を移植しただけで済むアップルとは違うので仕方がないでしょう。

思うに、AppleはApple流の世界感や価値観をユーザに押しつけてくるので、Appleブランドが嫌いな人にはこのようなAndroidのほうが向いているのではないかと思います。

ウェブブラウザはSafariと同じWebkitベースなので携帯ブラウザはWebkitが席巻するかもね。

あと注目すべきはAmazon.comが販売しているMP3ストアの楽曲をAndroid携帯から買えるらしいとのこと。

Appleもうかうかしていると音楽配信市場をひっくり返されるかもしれませんね。

そして一番の注目は、このようなスマートフォンの話題に、マイクロソフトが出てこないということ。大丈夫かMS??

Appleスキーだけど決してマイクロソフト嫌いでは無いので、MSにも頑張ってもらいたいところです。てか、本来ウィンドウズと親和性の高い携帯電話を作れるのはやっぱMSでしょ。

| | コメント (0)

GoogleもMSもアプリケーションストアを開設か。

マイクロソフト、モバイルアプリストアを計画か--アップル「App Store」に対抗か(CNET)

iPhone3Gの魅力の一つはAppStoreという、iPhone用ネイティブアプリケーション販売店があることだというのは説明不要だと思いますが、GoogleのAndroidでも「Android Market」というAppStoreのような携帯用アプリ販売サイトを構築する模様。

さらに、マイクロソフトも負けじとSkymarketなるものを計画中だそうです。

iPhoneの存在が業界を一歩先へと押し上げていっている感じがして、どれも楽しみですね。
iPhoneのAppStoreの最大の欠点は、Appleが全てのアプリケーションに対して検閲を行うことですが、少なくともGoogleのAndroid Marketは審査フリーでアプリを提供出来るんだそうです。

もちろん、ウィルスなどの悪意のあるプログラムも簡単に配布出来てしまう、というデメリットもあるかもしれませんが、自由にアプリをインストール出来るというのはそれにも勝るメリットとなり、iPhoneよりも魅力的なマーケットが出来るかもしれません。

何にせよ、初代iPhoneを発表後のジョブズが言ったとおり、iPhone以降の携帯電話は、全てiPhoneのようになる、なるかどうか、ではなく、いつなるか、が問題だ、という発言は、どうやら本当のことになりそうです。
これから携帯電話業界がどこに向かって進むのか、今からワクワクしますね。

| | コメント (0)