iMac (Mid 2010) 到着!- 性能比較 -

iMac開封の儀も済みましたしデータ移行も終了しました。
旧iMacはディスクユーティリティからHD丸ごと物理フォーマット中です。
7回消去を選択したら6時間かかるようです。

さて、買い替えにおいて気にしていたのは基本スペックの圧倒的向上です。
これをおいて他にありません。デザインも特別変わっていませんしね。

ただ、以下のようにディスプレイの縁は明らかに変わっています。

Img_3362
↑これは新型。↓下が旧型
Img_3363

ちょっとカメラのフレーミング間違えて撮ってしまいましたが、だいたいこんな感じです。

デザインの話はこのくらいとして、ハードウェアスペックはどうか?

ちなみに私はクアッドコアモデルをCTOで強化しました。
んで、いくつか気になる実測性能も含め、新旧比較したのが下の表。

標準モデルから強化したのは2点で、SSDとHDDのコンボにしたのとメモリを倍にしたこと。

CPUだけはそのままにしました。
Core i7にするとハイパースレッディングで合計8コアになるようですが、そこは効果は不明だったのでスルー。

SSDは高すぎるので悩んだのですが、iMacで採用するくらいですから、今後の全Macでいずれ標準化されると読み、今から導入しといてもいいだろうという判断。

20100814_160536

ベンチマークはITmediaとか大きなサイトで色々やってますのでそういったものは割愛。。

まず起動時間が劇的に改善。1分30秒かかってましたが28秒と70%近い時間を短縮!!
これは早い。SSDの恩恵でしょうか。
これ書いているとき、TimeMachineのバックアップをひたすら作っているため、終了時間が測れていませんがおそらくこれも早いと思われます。

iTunesの起動が遅いのも旧型でイライラしていたのですが、これも劇的に改善。
iTunes立ち上げてからライブラリをスクロールするだけでもモッサリしてイライラしてましたが
それも全くなくなり、快適すぎます。

早い、全てが早いよ〜。

CanonのDigitalPhotoProfesssionalを起動してみましたが、これも早いです。
さすがにRAWデータをモザイク無しで一瞬で表示出来る、とまでは言えませんが、
旧型よりは表示が速いですね。
サムネイルの一覧表示もほとんど待たされません。
写真環境の強化は今回のメインテーマでもあったので、メモリ強化+SSDの効果が効いているのかな。

お次はディスプレイの話。

旧モデルと違い、LEDバックライト液晶となったため、一瞬で明るくなりますし、ブライトネスの調整も相当暗い設定が出来るようになり、満足です。
下の写真の通り、Safariを2つ開いてもどちらも重ならずフルで表示可能です。

Img_3358

ただ、解像度が高いのは良い事だけではありません。。
2,560×1,440なんて人生初の高解像度なんですが、フォントが小さくて見辛いw
最近iPhoneの画面の見過ぎでまた視力が落ちている気がしているので、余計気になります。

旧型は液晶にムラがありましたが、今回はそれも無く均等に明るいので総じて液晶品質は
良くなっていると思います。
これからのデジカメライフが楽しみです。

ちなみにノートのMacと同じで、しばらく無操作でいると画面の輝度が自動的に下がります。
省エネ設計で良いですね。

ノートと違って良いところは、動画サイトでFLASH形式の動画を見て無操作でも輝度が下がらない事かな。
手持ちのMacBook白やMacBookAirは動画見ていると定期的に触らないとすぐ暗くなるからのが不便。

動画サイトというと、ニコニコ動画を見ててもCPU負荷がたいしたことないです。
これはMac向けFLASHプラグインの仕様変更の影響もあるかもしれませんが。

ちなみにDockにCPUバーが4つ表示されてなんか気持ち悪いです。
これ、MacPro最上位の12コアモデルだとどうなるんだろう!?

20100814_164139

以上、とりあえずファーストインプレッションでした。

他にも気がついたら、また更新しますが、ひとまずこれでおしまいです。

| | コメント (0)

iMac (Mid 2010) 到着!- 開封の儀 -

メインマシンのiMacが購入から3年が経過し、今月でAppleCareが切れるため、買い替える事にしました。

実は、27インチLEDシネマも9月に出るので、MacBookPro+27インチシネマ という組み合わせも夢見ていた
のですが、やっぱりiMacのコストパフォーマンスと置いたときのすっきり感には勝てません。

というわけでブログやtwitterでも報告してませんでしたが、実は先週末に発注済み。
昨日、ようやく iMac (Mid 2010) の27インチモデルが到着!

Img_3335

じゃーん!

いやー、今までMid2007 24インチを使っていましたが今回も
とにかく重い!そして箱がデカイ!

段ボールから取り出すだけで腰を痛めるかと思いました。

では、恒例の開封の儀です。(ちなみに2007年のときはこちら

Img_3336

箱を開けるとまずはキーボードやマウス、説明書、インストールDVDなどがまとめて入っている白い容れ物が。
この辺は3年前と変わってませんね。
シンプルですっきりな梱包。さすがApple。

Img_3339

開けるとこんな感じ。右側の取説が入っているスペースがかなり空いていたんですが、おそらくMagicTrackpadを注文しているとここに入ってくるんでしょう。サイズがぴったりです。

Img_3341

キーボードをどけると、下にMagicMouseとクロスが入ってます。

Img_3342

いよいよ本体が見えてきました。
オールインワンデスクトップのため、ディスプレイしか入っていないように見えます。素敵。

Img_3345

ついにお目見え!重くて取り出すの大変でした・・・。

Img_3351

で、この買った直後しか出来ない旧型とのツーショット。
ちなみに旧型はいつも下取りに出しています。今回もその予定。

背面までアルミニウムボディになりましたので、さらに美しくクールに。

Img_3346

正面から並べてみました。
24インチから27インチにサイズがさらに大きくなったので、もう首が限界では・・・と少し不安だったんですが、高さは変わりませんでした!一安心です。
その分、G5の頃からアゴの愛称で親しまれてきた(?)ディスプレイ下部もだいぶ薄くなりましたね。
新型は電源投入前のため、自分が写ってしまうので袋をかぶせたまま撮影しましたが、ディスプレイ周辺の黒縁が変わってます。端までガラスが貼られていてアルミの縁が完全に見えなくなりました。
おかげで大きいディスプレイのはずが、そんな大きさを感じさせません。

Img_3353

真後ろから撮影。
この後、旧型からデータの移行をしようとしたとき、驚愕の事実を知ったのですが、

Ethernetの有線LAN接続口がありません!!

さすがアップル、機能を削ることに関しては容赦しないな。。。。
AirMac経由で移行しろと・・・?

しかしこれもAppleの美学。飼い慣らされた信者は文句を言わずに受け入れます(キリッ

(8/15追記:有線LAN繋がりました。向きを逆に刺そうとして刺さらなかったので勘違いしてしまいました。通りすがりさんコメントありがとうございます。)

幸い、MacBookAirを買ったときにUSB-Ethernet変換ケーブルが付いてきたのでそれを挿して旧型とLANケーブルで繋いで、移行アシスタントに沿って自動移行しました。
最初、本体同士をLANで繋ぐため、クロスケーブル持ってないよ!?と思ったんですが不要でした。

あとはひたすら移行アシスタントが自動でお引っ越しをしてくれます。

・・・

昨日の夕方6時頃から始めて、0時40分までかかりました。
合計200GBちょっとの移行なんですが、すごい時間だけはかかりますね。
何も操作不要でただ待つだけでよいのですが、もう少し短時間で出来ればなぁ。。。

--
とりあえず開封の儀は以上です。

続けてハードスペックなどのお話を書く予定。

| | コメント (3)