めちゃ畑牧場に行ってきました。

昨年に引き続き2年連続ですが、お台場に行ってきました。(注:先週の2日です)
めちゃイケスキーなでじカルです。オファーシリーズ第1弾を見て以来ずっと毎週欠かさず見ております。

さて、今年もシュッとした金のオブジェの先にありました。
昨年は海の家でしたが、今年はめちゃ畑牧場です。某花畑牧場のパクリです。

Img_0103

ただ、この日はあいにくの雨で、並ぶのが苦痛でした。
デジイチ持ってる私にとっては特にきついですね。

といいつつも、いっぱい室内では撮ってきました〜。撮影禁止にしてないイベントは嬉しいですね。
iPhoneとKissX2で撮ってきました。外は主にiPhoneで室内はKissって感じです。

_01

入ってすぐに並んだのが幸子の部屋。これだけで待ち時間30分ほど。
ただの豚を見るだけなんですがw

_02

幸子です。本当にただの豚です。まぁ、かわいいですね。ほとんど寝てましたがw

食堂に移動して、濱口のバカメニューとかを食べに行きました。

_08

_03

番組内でも話題になっていたピザとビミョ〜プリンを注文!

プリンの感想から先に言うと、昨年のいまいちカレーが全然いまいちじゃなくて美味しかったことを
考えると、今年は本当に微妙でしたw

なんちゅうか、、、固くて甘すぎなんですよ。。それでいて量が半端じゃない。
全部食べると軽く気分悪くなりますw

_04

ちなみに飲み物を頼むとパッケージに雛形牛のイラストが!

_05

ピザの中身はこんな感じ。自分はきんぴらピザという番組内では紹介されてなかったやつを
逝きました。味は完全にきんぴらです。まぁまずいことはなかったです。
ただ、これで600円というのはいかがなものか。まぁイベント価格でしょうがw

_06
売ってませんの記載が笑えます。

Img_0104

そういや、道ばたに○んちが落ちてます。踏んだらあまりの柔らかさに不意打ちを食らった!

Img_0106

番組内でも個人的にかなり爆笑した雛形牛です。
私は乳搾りしませんでしたが、子どもは楽しそうに雛形の乳を搾ってました。って書くとエロい響きに・・・。

Img_0108
オカレモンソフトが欲しかったですが、あまりの人気に待ち時間がひどかったのでスルー。

最後に売店へ。
今年はお盆休みに実家に帰る予定が無いので何も買わずです。

_10
げ、月刊!?

さて、売店内を一気にご紹介。

_11

_12

_13

_14

_15

_16

_17

_18

_19

以上でした〜。

総滞在時間は1時間ちょっとかな?
今年は食堂以外でお金を使いませんでした。

Img_0113

| | コメント (0)

阿修羅展に行ってきました。

東京国立博物館の阿修羅展に行ってきました。

Img_4079
※EOS KissX2 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM

入場まで30〜40分待たされましたが、曇ってたので待ち時間も楽々でした。

当然のことながら中では撮影禁止なので写真は上記だけです。

奈良の興福寺にいつも展示されているのですが、平城京1300年を記念して、中金堂を復元再建することもあり、東京でお披露目されているわけです。
東京が終わったら次は福岡に行かれるらしいですよ。
で、10月に奈良に戻られるそうです。10月には奈良に行かなくてはいけませんね!w

まぁ阿修羅関係なく、久しぶりに奈良には行ってみたいので今年の秋の写真は奈良で決定だな。

この展示会ですが、阿修羅像以外の八部衆や、十大弟子像も何体か来ていて迫力満点です。
全部国宝ですよ〜。これだけの仏像が東京に集まるのは歴史上初らしいです。

阿修羅像はすごい人だかりでしたw
まぁ、しょうがないよね。
なんせ、奈良に置かれているときは、ガラス越しで横や裏の姿なんて見れないのに、今回の展示では裏に回れるのはもちろんのこと、ガラスも無いんですよ。
感動モノです。

阿修羅の話はここまでで。

--

上野なんで、ついでに西郷さんを激写。

Img_4082
※EOS KissX2 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM

そうそう、話は全然変わりますが。
最近シグマのDP2がめちゃくちゃ気になっていて、思い切って買おうかと悩んでいるんですが、上野のヨドバシでは入荷が6月中旬になってました・・・。
1ヶ月も入荷しないのかぁ。残念。
そんなに待たされるとオリンパスのマイクロフォーサーズ機が気になっちゃってDP2の物欲も冷めそうw

--

さらに話が変わりますがw
グリーン・デイのニューアルバムが発売してたんでついでに買いました。

Img_4088

昔の曲と比べると本当に落ち着いた大人っぽい楽曲が多いですね。
ありきたりな感想ですが、脂がのってきたってところでしょうか。

前作のAmerican Idiotほどのインパクトはありませんが、じっくり聞くタイプとしては完成度の高いアルバムに仕上がっていると思います。

| | コメント (0)